お悩み別

頭皮が臭い!冬になると酷くなるのはなぜ?原因と対策はこれ!

 

 頭皮臭い・・・

 いつもは気にならないのにになると気になる・・・ということはありませんか?

 外は寒いのに部屋の中は暖房が効いていて

 汗をかく時が多いので近くに人がいたら不安になっていました。

 暖房の効いた室内、ニット帽を取ったあとなど特にドキドキしてしまいますよね。

 その臭いの原因、冬の気候が関係しています。

特に冬に気になる頭皮の臭い!なんで?

ヒロロン
いつもは気にならないのに、冬の時期は頭のにおいが気になる・・・
冬の乾燥で、頭皮と髪がダメージを受けているかも!
マリコ

冬の頭皮の臭い。その原因は・・・頭皮の乾燥!

 冬の時期は寒さで頭皮が乾燥します。乾燥すると毛穴から皮脂を出して皮膚を守ろうとするので、皮脂を食べる菌が増えにおいの原因になってしまいます。冬は夏に比べて血行が悪く、毛穴が開いていないので老廃物を出しにくいです。暖かい料理の油汚れは落としやすく、冷たい料理では汚れが落ちにくいですよね。それと同じでしっかりシャンプーしたつもりでも頭皮に汚れが残ってしまっている可能性があります。

乾燥で髪が傷んでいたら・・・髪に臭いが付きやすい!

 冬になると髪のパサパサが気になってしまいますね。これは髪の水分が抜けて乾燥しているからなんです。乾燥すると髪のキューティクルがはがれてダメージを受けやすくなります。

 健康な髪はキューティクルが整っていてツルツルしているので、汚れやにおいが付きにくく、払うだけで簡単に取ることができます。傷んでいると汚れやにおいを吸着してしまうので、それが頭皮の油のにおいと合わさり周囲にばらまくことになってしまっています。たまに女性とすれ違うとシャンプーのにおいがはっきりわかる人がいますが、これは髪が傷んでいる証拠健康な髪だとにおいが付きにくいので、ふわっと香ります

ヒロロン
気候によってダメージが受けやすくなってしまうんだね

 

年齢によって違う頭皮の臭い

 

それでは、年代によっても頭皮の臭いは変わってくるので、年代別で分けてみました!

10代~20代:汗の臭い

 思春期の頃は特にホルモンバランスが変化することで頭皮の臭いが強くなります。女性でも男性ホルモンが増加するので、皮脂の分泌が増えて菌が増殖し、それがにおいとなってしまうんです。また、代謝がいいので汗をかきやすく頭皮環境が悪化しやすいのでこまめに汗を拭いたり、シャンプーをした際はしっかりすすいで濡れた髪のまま放置しないようにしましょう。

 

30代~40代後半:古い油の臭い

 仕事でのストレスが多いのがこの年代の悩みですよね。この年代になると、よく汗をかいていた部分が脇から頭に変化するため、頭皮のにおいが強くなるんです。ストレスが強くなると、自律神経が乱れて代謝が悪化し頭皮環境がさらに悪くなってしまいます。リラックスする時間を作って体を休めながら頭皮環境も改善していきましょう。

 

40代後半~:加齢臭

 40才以上になるといわゆる加齢臭というものが出てきます。「脂臭くて青臭い」と言われる臭いで、皮脂腺から皮脂が分泌されこれが酸化して臭いを発します。実は女性にも加齢臭があるんです!女性ホルモンが加齢臭を抑制してくれているのですが、ホルモンが低下が原因で嫌なにおいが出始めます。

 

頭皮の臭いのセルフチェック方法!

 


 
 自分のにおいってなかなか気づきにくいですよね。仕事中や混雑した場所で人と接近すると、もしかして他の人に不愉快な思いをさせてる!?と不安になってしまいます。全然そんなことないのに気にしすぎ!ということもあるので、まずはセルフチェックしてみましょう。

枕やシーツのにおいをチェック

 枕やシーツは毎日髪や頭皮に触れているのでにおいが付きやすいです。人は寝ている間にコップ1杯程度の汗をかいているので、頭皮が当たる部分のにおいを嗅いでみて。不快に感じるなら頭皮が臭っている可能性大!

ヒロロン
寝ている間にかく汗は、深い睡眠に導く役割があるよ

 

頭皮を触ってチェック

 頭皮を指で触って、指先のにおいを確認してみましょう。爪でこすると頭皮を傷つけてしまうので注意!朝起きた後や夕方など、いろいろなタイミングでこっそり確認してみましょう。臭いのほか、指先がベタベタしている・・・と感じたら皮脂が過剰に出ているサインです。

 

頭皮の臭いのオフはこれ!

 

ヒロロン
気候に影響されるのは仕方がないけど・・・予防や体質改善するためにはどうしたらいいかな?

1.正しい方法でシャンプーしてケア

 女性は髪が長い方が多いので、髪の汚れは落ちたけど頭皮の汚れは残ってしまっていることがあります。また、汗をかくと乾きにくいので雑菌が繁殖しやすく女性の方が臭いことも。
正しい方法でシャンプーをすれば、汚れが落ちて頭皮の臭いが抑えられます!

 

ブラッシング

 シャンプー前にブラシで髪をとかします。ブラッシングをすることで髪の毛の絡まりをほぐすことが出来るので、髪を傷めることなくシャンプーが出来ます。汚れや油が浮くので汚れが落としやすくなりますよ。 

 

ぬるま湯で髪をゆすいでマッサージ

 お湯の温度が高すぎると頭皮の乾燥に繋がります。38~40度のぬるま湯で、頭皮をマッサージしながら1分以上洗いましょう。最近までささっと流してシャンプーを付けていたんですが、これをやると全然違います!ブラッシングで浮かせた汚れが落ちるので、洗浄効果がUP!また、泡立ちが良くなるのでシャンプー代の節約にも!

 

シャンプーをつけて洗う

 普段どのくらいの量のシャンプーで洗っていますか?ミディアムまでの長さの髪なら1プッシュで十分泡立ちます。泡立ちが悪いな・・・と感じるのは、もしかしたらゆすぎ時間が足りないかも。整髪料がしっかりついた髪でも、ゆすぎをしっかり行えば1プッシュで十分泡立ちます!

 頭皮を指の腹で下から上に、ジグザグに動かしてマッサージします。マッサージすることで頭皮が動き血流が良くなるので、頭皮の免疫に関わる白血球がきちんと運ばれるようになります。この時、髪の毛をこすり合わせないように洗いましょう。傷みの原因に繋がってしまいます。

しっかり洗い流す

 シャンプー・コンディショナー後はしっかり流しましょう。3分程度流すとしっかり落とすことが出来ます。薬剤が残っていると頭皮のかぶれや菌の繁殖に。また、コンディショナーを付ける際は髪の部分にだけ付けましょう。頭皮につけるのは厳禁!コンディショナーに含まれる油分が頭皮に付くと、洗って綺麗になった毛穴を再度塞いでしまうことになります。

 

! コンディショナーとトリートメントの違い 

  メーカーによって違いはありますが大きな違いは内部補修外部補修です。

・コンディショナー

 実はコンディショナーとリンスはほぼ同じ
 リンスは髪の外部に油の膜を作ってコーティングすることで、水分の蒸発や軋みを防止していました。昔はシャンプーの洗浄力が強いものが多く、そのせいで髪がパサつくので緩和させる目的で使われていたのですが、今はシャンプーの品質が良くなったので必要なくなりあまり見られなくなりました。

 その後コンディショナーがリンスに変わり現在普及していますが、目的はほぼ同じです。髪の外部をコーティング艶を出し、指通りをよくして汚れやにおいを付きにくくします

・トリートメント

 トリートメントはコンディショナーと違い、髪の内部を補修する目的で使います。
 髪の傷みが進むと表面だけでなく内側も傷が付くので、髪の内部まで浸透して栄養を届ける必要があります。浸透するまで少し時間がかかるので、こちらは髪に付けて10分程度置いてから流したほうが効果が高まります
 
 
トリートメントとコンディショナー両方使えば効果が倍、というわけではないので
 傷みが気になる・・・トリートメントを使用
 いつものケア・・・コンディショナーを使用 と使い分けての使用がオススメです。

 

2.血行不良を予防

 冬になると寒さで血流が悪くなってしまいます。これは頭皮でも同じで、血流が悪くなると栄養や免疫の基となるものが行き渡らなくなり、ダメージを受けても回復しにくくなります。体をポカポカにして予防をしましょう。

 

体を温める食品を食べる

 食べ物には体を温めるものと冷やすものの2種類があります。体を冷やす食べ物は体のほてりや熱を冷ます効果があり、温める食べ物は血行を促進する効果があります。
 
果物: リンゴ、ぶどう、桃など
野菜:かぼちゃ、かぶ、人参、タマネギなど根菜類
肉・魚:カツオ、サケ、いわし、牛肉、鶏肉、レバーなど
調味料その他: 味噌、醤油、酒、チーズなど発酵したもの

バランスよく摂取して体の中から体質改善してくださいね!
マリコ
 
 

ゆっくりお風呂に入る

 暖かいお風呂にゆっくり入ると体が温まります。リラックスすると自律神経も整うので、最近疲れたな・・・という時や、あまり眠れないなという時にはバスタイムを楽しんでくださいね。お気に入りの入浴剤を見つけてぜひ一緒に!

 

3.頭皮クレンジングで皮脂を除去

 

 正しいシャンプーのやり方をしてもあんまり効果がない・・・頭皮のベタベタが気になる。そんな時がありますよね。あでほとんどの皮脂や汚れは除去出来ますが、特に冬だと皮脂が固まってしまって汚れが落ちにくくなります。頭皮に残った皮脂が酸化してにおいに繋がるので、頭皮クレンジングで皮脂をしっかり落としましょう。

ヒロロン
頭皮クレンジングするにはどうすればいいの?
美容オイルや頭皮クレンジング用の商品があるよ!
マリコ

 

 オイルやクレンジング用の商品を出して手に取り、シャンプー前の乾いた頭皮につけてマッサージします。油は油となじみが良く、汚れを浮かすことが出来るうえ保湿効果があるので冬の乾燥にもってこいです。

 オイルはオリーブオイル、ツバキ油、ホホバオイルなど多くの種類がありますが、使うなら植物性のオイルがオススメ!
化学物質が少なく肌の負担が少ないので安心です。わたしはアルガンオイルを使っています!抗酸化作用があるので、皮脂が詰ままって酸化した頭皮に効果的です!

 クレンジング商品も多くの種類があります。クレンジングも一緒に出来るシャンプー、炭酸泡のスプレーなどいろいろあるので、頭皮の状態に合わせて選んでみてください。

まとめ

  • 冬の乾燥で頭皮と髪がダメージ
  • 年齢によって臭いも、臭いの出る場所も変わってくる!
  • 正しいシャンプー方法で汚れをしっかり落とせる
  • 血行良くして、頭皮ダメージを回復しやすい体に
  • 頭皮クレンジングでスペシャルケア

冬は頭皮だけでなく、体も寒さでこわばってしまいます。
冷えや寒さ対策をしっかり行って体質改善していきましょう!

-お悩み別

© 2021 Shampooon Powered by AFFINGER5