お悩み別

頭皮のかゆみをやっつけろ!冬に行うべき頭皮ケアとは!?

頭皮かゆみ・・毎日シャンプーしてても悩まされることはありませんか?
とくにはかさかさ乾燥の季節。お肌がかさかさでかゆくなりハンドクリームをつける人も多いはず。頭皮も同様に乾燥しかゆくなるためこれを防ぐにはケアが必要です。

今回の記事では、

・冬の頭皮ケアのコツ

・頭皮が乾燥してしまう原因

・冬以外での頭皮ケアのコツ

この辺りを中心に話していこうと思います。

特に冬において頭皮ケアは大切ですからね!
少しでも参考にできればいいかなと思います。

頭皮ケアのコツ〜冬編〜

ヒロロン
あー・・毎日ちゃんとシャンプーしてるはずなのにかゆい

それは困ったね
マリコ

ヒロロン
かさかさになっちゃってるしどーしたらいいんだ!!??

じゃあこの乾燥しちゃうときのケアのコツを教えてあげる!
マリコ

冬は寒くて乾燥する季節。頭皮にとっても厳しい季節です。
私自身乾燥で荒れやすくハンドクリームやリップクリームはよく使います。

しかし頭に関しては…
私自身正直あまり気にしたことはありません。ただかゆいなと思うことはあります。

しかし頭皮もお肌と同様、かさかさ乾燥し血行も悪くなります
特にかゆみやフケがでる場合は頭皮の環境が悪くなっている証拠
そのためちゃんと頭皮のケアをし環境を整えることが大切です。

フケが出たりかゆみがあるのは感覚的にも嫌ですしね。
どんなケアをしていけば良いのでしょうか。
お金をかけてヘアサロンに行かなきゃいけないとなると時間もお金も大変です。

貧乏暇なしの私にはとてもとても・・
なので家でもできるケアのコツこれを見ていきましょう。

早速ポイントを…

  • 頭皮にやさしいシャンプーで正しくケア
  • 頭皮マッサージで血行促進

特に頭皮マッサージは単純に気持ちいいです。

しかも頭皮環境が良くなるだけでなくむくみ解消で小顔になれたり肩こり首こりにも効果がありいいこといっぱいです。効果には個人差があるとは思いますが…

では2つを詳しくみていきましょう。
マリコ

頭皮に優しいシャンプーで正しくケア

頭皮の皮脂は実は夏より冬のほうがたくさんでます。
その分しっかり洗わないと雑菌が増えかゆみのやフケの原因になります。

しかし洗いすぎにはご用心

頭皮の皮脂は紫外線などから守ったり水分を保ったりしています

そのため洗いすぎて皮脂を落とし過ぎても乾燥してしまいかゆみやフケの原因となってしまいます。特に冬は元々乾燥しているため要注意。

しっかり汚れは落とさなければいけないが洗いすぎてもいけないなんてなかなか難しいですね。

シャンプーを選ぶ際は洗浄力がありかつ保湿効果のあるものがベストです。

シャンプーは大きくわけていくつか種類がありますがアミノ酸系シャンプーがおすすめです。この種類のシャンプーはある程度汚れを落としてくれますし刺激も弱く頭皮にやさしいシャンプーになります。

ただいつも安いものを使ってる方だと値段が少し高く感じるかもしれません・・。
といってもドラッグストアでも売られているものもあり詰め替え用もあります。

例えばこのミノンはおすすめです。
シャンプーの他全身シャンプーもあり赤ちゃんにもつかえます。

シャンプー選びについてこちらでさらに詳しく紹介しています。
赤い頭皮の改善に!手軽に買えるおすすめ市販シャンプーをご紹介!

また洗う際にも爪をたててゴシゴシと洗ったり熱いシャワーで洗うのもNG
せっかくシャンプーを選んだのであれば洗い方も見直してみましょう。

  1. ブラッシング
  2. お湯で予洗い
  3. シャンプー
  4. しっかり洗い流す

また髪を濡らしたままいると雑菌が繁殖しかゆみの原因になることがあります。
ドライヤーでしっかり乾かしましょう。

しかしこれもやりすぎにはご用心。今度は乾燥や炎症を起こす原因になってしまいます。

ドライヤーの前にタオルでしっかり水気をとり髪から10cm以上離してドライヤーをかけるのが良いです。

こちらではさらに詳しく紹介されています。

汗で頭皮にかゆみやべたつきが!改善策やオススメのシャンプーを調査

こちらではシャンプーの仕方やその後のケアまでわかりやすく紹介されています。

ヒロロン
見直すところはいっぱいありそうだな

だけどなんでもやりすぎるのも良くないからね
マリコ

頭皮マッサージで血行促進

冬は寒く血液の流れも悪くなります。血液の中には栄養も含まれているため流れが悪くなるとこの栄養も届きにくくなってしまいます。

これも頭皮環境が悪くなりかゆみの原因になります。

マッサージをする事で流れが良くなり栄養が届くようになります。

例としてやり方は次の動画を参照してください。

美容師さんにマッサージテクニックのレクチャーもしている方のようです。
どこでどこをマッサージしたらよいかなどとってもわかりやすい動画でした。

ヒロロン
マッサージは気持ちよくてリフレッシュにもなるしすごくいいね

なぜかゆくなる?

ヒロロン
かゆくならないようにするのもいろいろケアが必要なんだな

そうだね。しっかりしようとすると結構大変かもしれないね
マリコ

ヒロロン
そもそもなんでかゆくなるんだろう・・?

それじゃあ今度はその原因をみていこう
マリコ

冬は気温が低く乾燥します。こうなると唇や手がカサカサに乾燥してしまい、リップクリームやハンドクリームを使用されると思います。
乾燥はなにもここだけで起こっているわけではありません。

頭皮も乾燥しています。この乾燥。かゆみやフケの原因となります。
しかも単なる空気の乾燥だけが原因というわけではありません。

では他にどんな原因が??
乾燥やかゆみの原因をまとめると次のようになります。

  • 空気の乾燥
  • 寒さに伴う頭皮への血行不良
  • 頭皮にいる雑菌の繁殖
  • ドライヤーやシャンプーの間違ったやりかた

他にも挙げようと思えばたくさんありますが今回はここをポイントにみていきましょう。

空気の乾燥

冬場は湿度が低く乾燥しています。唇や手もカサカサになってクリームを塗る人も多いのではないでしょうか。
頭皮も同じように乾燥しています。
お肌と同じようになにかケアをしないと乾燥が進んでしまいます。

寒さに伴う頭皮への血行不良

血行不良とは血の流れがうまくいかないことです。
例えば手では指先などが冷えたりしびれたりします。

頭で考えると頭皮に栄養がいかなくなり頭皮環境が悪くなります。
また新陳代謝も悪くなり頭皮の再生がうまくできず乾燥へとつながります。

頭皮にいる雑菌の繁殖

皮脂など頭皮の汚れの他髪を濡れたままの状態にすると雑菌が増える原因となります。
雑菌が増えると当然ながら頭皮の環境が悪くなり乾燥やかゆみ、フケの原因となります。

特にフケが出る場合は要注意。雑菌が繁殖しているサインになります。

ドライヤーやシャンプーの間違ったやり方

雑菌の繁殖を防ぐためにもシャンプーで洗いドライヤーで乾かすことは大切です。
しかしやりすぎは禁物です。

シャンプーはやりすぎると頭皮の水分や皮脂をとりすぎてしまい分泌が過剰になってしまいます。つまり余計に皮脂が増えやすくなります。必要以上の皮脂は雑菌の繁殖など頭皮環境に影響を及ぼします。

またドライヤーのしすぎは乾燥を進めるだけでなく頭皮にダメージを与え炎症を起こす原因にもなります。

ヒロロン
冬のかゆみの原因、ポイントは乾燥なんだね。

これらの原因を取り除くことが頭皮ケアのポイントとなっていきます。
マリコ

他の季節は大丈夫?

ヒロロン
乾燥がかゆみの原因なら他の季節は大丈夫なのかな?

そんなことないでしょ、夏は汗かいてかゆくなったりするし
マリコ

ヒロロン
簡単に季節毎に原因をみていこう

春になりだんだん暖かくなってくると身体の代謝も上がっていきます。血流も良くなり毛根までしっかり栄養が行くようになります。

抜け毛が多い時期ですがこの理由より育毛の季節とも言えるでしょう。
しかし暖かくなってくると前の冬と比べ皮脂の分泌が多くなってきます。

またスギ花粉がピークを迎えます。花粉症の症状として頭皮のかゆみもあります。

夏はさらに暑くなり汗が多くなります。
また紫外線も強くたくさん浴びるとキューティクルが剥がれ髪のダメージにつながります。
冬とはまた違う意味で体も頭皮にも厳しい季節といえるでしょう。

秋は夏に受けたダメージが蓄積され頭皮環境が良くない状態にあることが多いです。

肌と比べて頭皮はダメージを受けやすく3倍の差があるともいわれます。

そのため抜け毛が多い時期でもあります。

ヒロロン
花粉症ってかゆみの原因にもなるんだね

秋はそんなにかゆくなるイメージないけど実は一番ダメージが残っている季節なんだね
マリコ

 

頭皮ケアのコツ〜他季節編〜

ヒロロン
どの季節にもかゆくなる原因が隠れているんだね

原因がわかったけどかゆくならないようにするにはどうしたらいいかな?季節ごとに考えてみよう
マリコ

春編

原因が皮脂の増加と花粉でした。

花粉で悩まされている人は多いのではないでしょうか。私も悩まされている1人です。
鼻水やくしゃみは止まらない。目はかゆい。この時期マスクと薬は欠かせません。

しかし頭はノーマークの人は多いのではないでしょうか。もしこの時期頭がかゆいなと思っている人がいたら・・それは花粉症の症状の1つかもしれません。

毎日しっかり洗い流すことが大切です。

そのためケアのコツとしては自分に合ったシャンプーを使って正しいやり方で洗髪もしっかりやっていき余分な皮脂や花粉を落としていきましょう。

夏編

原因は紫外線と汗でした。

それぞれの対策をみると・・

  • 帽子をかぶる→紫外線のカットに役立ちます。
    *ただしかぶりっぱなしではなくこまめに汗を拭き取りましょう。
  • 汗をふく。正しい洗髪でしっかり汚れを落とす。

全然特別なことじゃないですね。
これは熱中症や風邪対策にもなるので他の意味でも大切です。

また今やエアコンは必須です。熱中症対策のために適度にエアコンを使用しましょうと言われるほどです。このエアコンも長い間直接風に当たっていると乾燥の原因となります。

風邪なども引きやすくなってしまいますので暑いからと言ってエアコンの当たりすぎも注意が必要です。

秋編

秋は夏のダメージの蓄積があるのが原因となっています。

そのため頭皮の環境を整えることがケアのコツとなります。

洗髪などはもちろんのこと頭皮にいい食べ物をとり生活リズムを整えることも大切です。

秋は特に食欲の秋というくらいおいしいものがたくさんあります。
おいしくたくさん栄養をとり心も体もそして頭も元気にいきましょう。

髪にいい食べ物についてはこちらも参考にしてください。

美しい髪の毛は食べ物から!?髪の毛に艶を生み出す食べ物、栄養とは?

こちらは髪につやを出すために特に食にスポットを当て髪を育てるためのヒントとなる記事になっています。髪につやをだす=頭皮環境を整える。これはかゆみなどの防止にもつながることです。

かゆみなどの悩みがなくなりつやつやになればいいことばかりですね。

まとめ

  • 頭皮ケアのコツ~冬編~:乾燥を抑える
  • なぜかゆくなる?:冬は特に乾燥が原因
  • 他の季節は大丈夫?:それぞれの季節で原因があるためその原因にあったケアが必要。
  • 頭皮ケアのコツ~他季節編~:春→花粉を落とす。夏→汚れを落とす。秋→頭皮の環境を整える。

1年中頭のかゆみに悩まされる可能性があると考えると普段からしっかりケアをすることは大切ですね。
しかもなにも特別なことをするわけではありません。
シャンプーで汚れを落とし、しっかり乾かす。これをするだけでもかゆみ防止のケアになると思います。

これならお風呂ギライでなければ続けられるはず!
お風呂が嫌いなあなたでもやはりあたまや体を洗うことをおすすめしますよ。

-お悩み別

© 2021 Shampooon Powered by AFFINGER5