お悩み別

秋の頭皮のかゆみは夏のダメージが原因?対策やおすすめアイテムを調査!

になると、暑さもだんだんと和らぎ過ごしやすくなってきます。
でも、季節の変わり目には、頭皮の環境も変わるので
かゆみなどのトラブルに悩む人が増える傾向があります。

そこで今回は、秋に起こる頭皮のかゆみの原因や
改善するための方法をご紹介します。

ぜひご参考にしてくださいね。

秋に頭皮がかゆくなる原因は?

季節の変わり目になると頭がかゆくて・・
マリコ
ヒロロン
特に秋は頭皮のかゆみが気になる人が多いらしいよ。なにが原因なんだろう?

原因1 頭皮の乾燥

秋の頭皮のかゆみの原因として、まず真っ先に考えられるのは乾燥です。

暑くて湿度も高い日が続く夏から、秋に移り変わるときには
湿度が下がり、空気がカラッとして過ごしやすくなっていきます。

湿度の減少にともない、頭皮だけでなく肌が乾燥しやすい状態になります。

それに加えて

  • 夏の炎天下と室内のエアコンの冷風による温度差からくる疲労の蓄積
  • 紫外線によるダメージ

こうした様々なストレスがかかった状態で、頭皮は乾燥した空気にさらされます。

この状態が結果として、頭皮の乾燥をより進めてしまうことになり
頭皮のバリア機能が落ちて刺激に敏感になり、かゆみという形で現れることがあります。

原因2 夏のダメージ

頭皮のかゆみの原因は、乾燥だけではありません。
すでに夏の間に原因がうまれていることも考えられます。

夏は、日中だけでなく夜間も熱帯夜などで暑く、寝苦しいこともあります。

食欲も減退して、つい冷たい飲み物やサッパリした食べ物に食事が偏りがちです。
キンキンのビールやアイスクリーム、のどごしの良いうどんなど・・おいしいですよね。

冷たいものばかり摂っていると、胃腸の働きが弱まり
頭皮まで充分な栄養が行き渡らなくなります。

さらに、エアコンが効いた場所にいることが多いと
冷えを感じることもありますよね。

これらが、頭皮の血行不良につながってしまい
頭皮の状態が悪化することにより、かゆみの原因になるのです。

夏の間にかゆみの原因があることもあるんだね。どういう対策をしたらいいの?
マリコ

秋の頭皮のかゆみ対策

先ほど紹介したような原因でトラブルが起きて、頭皮がデリケートになっているときは
頭皮の状態を整えてあげることが、かゆみ対策として有効です。

対策1 シャンプーの方法を見直す

秋の頭皮の痒み対策としてシャンプーを見直すというのも一つの手です。

ここでは

  1. 低刺激のシャンプーを使う
  2. シャワーの温度をぬるめにする
  3. すすぎは十分にする
  4. 自然乾燥をやめる

これらの改善ポイントについて詳しく説明していきます。

1 低刺激性のシャンプーを使う

頭皮の乾燥がかゆみの一因になるとお話ししてきましたが、まずは使っているシャンプーをチェックしてみましょう。
スッキリ感を求めて、洗浄力の強いシャンプーを使っていませんか

トラブルが起こらなければ、もちろん、そうしたシャンプーを使うことは何の問題もありません。

しかし、かゆみが起きている場合は頭皮が刺激に敏感になっていますので、
洗浄力が強すぎるシャンプーは避けた方が無難です。
無添加シャンプーや低刺激性のシャンプーを使うことで、頭皮の乾燥対策になります。

2 シャワーの温度をぬるめにする

涼しくなると少し熱めの温度でシャワーを浴びたくなりますが、温度は38℃くらいに設定しましょう。
熱めの温度だと、必要な皮脂まで流れてしまったり
毛細血管が急に開いたりしてかゆみが起こりやすくなります

3 すすぎは充分にする

頭皮のかゆみがある時はトラブルが広がる可能性がありますので、
頭皮に爪を立てて洗う、シャンプーブラシでこするなどの刺激は避けたほうが良いです。
また、シャンプーなどのすすぎ残しがかゆみの原因になることがよくあります。
もう一度すすぎ直すくらい、今までよりすすぎに時間をかけてみましょう。

4 自然乾燥をやめる

髪の自然乾燥は髪が傷む原因にもなりますし、頭皮にも悪影響です。
頭皮が湿っている状態が続くと、頭皮の細菌が繁殖することになります。
ドライヤーを使ってしっかり乾かことで細菌が繁殖する環境になるのを防ぐことができます。
温風モードで、頭皮からドライヤーを20センチ以上離してしっかり乾かし、
冷風モードで仕上げをすることをおすすめします。

対策2 頭皮のかゆみ止め美容液を使う

頭皮のかゆみの最大の原因である乾燥に対して、かゆみの予防や頭皮の乾燥を和らげるために、
シャンプー方法の見直しが効果的な対策にはなります。
しかし、シャンプー方法を見直しても改善しないときは、
頭皮のかゆみ止め美容液を試してみてはいかがでしょうか。

髪の毛の乾燥対策でトリートメントを使用するのと同じく、
頭皮も保湿をしてあげることで、乾燥の改善が期待できます。
ドライヤーをする前の頭皮が濡れている状態
頭皮用の美容液をつけるとしっかりと浸透しやすくなります
美容師さんに頭皮の状態をチェックしてもらって
美容液の選び方のアドバイスをお願いしてみるのもいいかもしれません。

ヘアサロンでもサロン専用の美容液を扱っていますし、市販でも様々な商品があります。
顔や体のスキンケアにプラスして、毎日取り入れると、
頭皮のケアもムリなく続けていけそうですよね。

スキンケアと一緒なら続けられそう。どんなアイテムがあるのか知りたい!
マリコ
ヒロロン
毎日続けやすいのは大事だよね。コスパも気になるな~

秋の頭皮のかゆみに効果的なアイテムを紹介!

では、頭皮のかゆみに効果的なアイテムにはどのようなものがあるのでしょうか?
惜しみなくたっぷり使える1,000円以内の価格で、おすすめのアイテムを3つご紹介します!

1ロート製薬 メディクイックH 頭皮しっとりローション 757円(税込)

 

ノズルで頭皮に直接ローションを塗るタイプです。
かゆみが気になる部分にピンポイントで塗ることができます。
炎症を抑える成分が配合されており、頭皮の代謝を整える成分
保湿成分もプラスされています。乾燥を防止しながらかゆみの症状を抑えることができます。

2 キュレル 頭皮保湿ローション 994円(税込)

頭皮の乾燥によるかゆが気になる方のための保湿ローションです。
敏感肌の方向けのブランドとしてご存じの方も多いかと思います。
弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリーと、頭皮に刺激の少ない成分になっています。
メントールは無配合なので、スースーするのが苦手な方や
頭皮に傷があってしみるのが心配という方も使いやすいでしょう。

3 柳屋本店 ピオクレア 薬用フケ・かゆみローション 725円(税込)

かゆみやフケに特化した女性のためのローションです。
炎症を抑える成分とメントールが配合されているので
かゆみを抑えることとスッキリした使用感を重視される方におすすめです。

まとめ

今回は頭皮のかゆみの原因や改善方法について一緒にみてきました。
簡単におさらいしてみましょう。

  • 秋の頭皮のかゆみの大きな原因は乾燥と夏のダメージ
  • かゆみの改善のために、まずはシャンプー方法を見直してみましょう。
  • 頭皮のかゆみ止め美容液を使ってみるのもおすすめです。

秋の頭皮のかゆみを放っておくと、冬の乾燥でもっとひどくなることもあり得ます。
秋のうちに頭皮ケアをして、かゆみを改善しておきましょう!

今回はセルフケアで取り入れやすい対策を中心にご紹介しましたが
セルフケアでかゆみが改善しない場合は、お早めに医師に相談してくださいね。

-お悩み別

© 2021 Shampooon Powered by AFFINGER5