お悩み別

そのホクロ放置で大丈夫!?頭皮のほくろが赤い時に注意すべきこと!

あれ?顔にほくろが知らない間にできている!

よく見てみたら、頭皮にも一つほくろが!!

更に、ほくろが赤いけど大丈夫かな?

ほくろが新しくできてしまうと、ついつい気になってしまいますよね。

顔は普段、鏡でよく見るパーツなので、ほくろがすぐできると分かりますが、
足裏や、頭皮など毎日、細かくチェックしていない部分にほくろができ、
更に赤みがあると、心配になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、頭皮赤いほくろができる原因から、解決法まで説明をしていきます!

 

頭皮の赤みとホクロの関係性は?

ヒロロン
夏になってから,頭皮に赤みを帯びたほくろがでてきたのだけど、
大丈夫かな?
夏は紫外線が強いから何か関係があるのかしら?
マリコ

夏になると、気になるのが紫外線

紫外線はシミやシワの原因になるのは世間でよく知られていますが、
ホクロも発生する原因になっていることはご存知でしたでしょうか?

私は社会人になるまでは、夏でも日焼け止めを塗らず、
日傘もさすこともなく、帽子も被らず過ごしていたのですが、ある日、よく見てみると
ん?頭皮一つホクロが!
生まれて今まで頭皮にホクロなんでてきたことないのに!
と、ショックが大きかったことを今でも覚えています。

そこからは、頭皮にホクロを増やさない為に、日傘をする生活スタイルに変わりました。
以降は、一つも新しいほくろは頭皮にできていません。

紫外線を受けすぎると、
赤みだけでなくホクロも発生することがある

皮膚は、外部の刺激から肌を守るため、もともとバリア機能が備わっています。

体内で例えると、風邪になりにくいように、免疫細胞が働いてくれているということですね!

しかし、敏感肌の人ですと、外部からの刺激を守るバリア機能が低下している状態のため、
紫外線を受けてしまうと、赤みが発生しやすくなります。

長い間、紫外線を受けてしまうと、肌のターンオーバーが乱れ、
赤みを発生させるだけでなく、ホクロを発生させてしまう原因となってしまうのです。

 

頭皮のホクロの種類

ヒロロン
ほくろと言っても、色々と種類があるけど、
頭皮にできるほくろはどんなものがあるのだろう?
中には悪性のほくろもあると聞いたことがあるから、
不安があればしっかり病院で見てもらわないとね!
マリコ

ほくろは良性のものがほとんどですが、中には稀に悪性のものがあり、
放置しておくと危ないことがあります。

老人性血管腫

老人性血管腫は、別名「赤いホクロ」とも言われております。

紫外線が原因と言われており、大きさは1mm~4mmが平均です。
形が平らなものがほとんどですが、中には少し盛り上がったものも見られます。

主に高齢者に多い老人性血管腫ですが、最近では若い人でもなりやすくなってきています。

残念ながら、自然治癒では治らないのですが、
身体には有害なものではないので、放置してても何の問題もありません。

 

メラノーマ(悪性黒色腫)

メラノーマというのは、皮膚がんの一種です。

皮膚がんでできるほくろと、通常のほくろは見た目が違いいます。

メラノーマの特徴

  • サイズや形が均等でない(左右非対称)
  • 日数が経つにつれ、段々とほくろが大きくなってくる(6ミリ以上になっている)
  • 色にムラがある
  • 境目がぼんやりとしている

悪性のほくろと聞くと、怖くなってきますよね。

メラノーマのほくろは、消化器官系のガンとは違い、自分で見て確認できますので、
先ほど説明した、メラノーマのほくろの特徴と似ている場合は、すぐに病院へ行きましょう!

早期発見であれば、完治は十分に可能です。

ちなみに、私はすごく心配症なので、
頭皮に限らず、新しいホクロができていると、
メラノーマの特徴に当てはまってないのにも関わらず、すぐ皮膚科に行ってしまいます。

先生にはいつも「心配しすぎだよ」と言われてしまうので、
あまり心配しすぎるのも辞めましょう!

 

頭皮の赤みとホクロが同時にできた時の解決策!

頭皮にほくろができたら、治療が難しそう
マリコ
ヒロロン
頭皮にできたほくろはどのように解決したらよいのだろう?

頭皮に赤みを帯びたほくろができた場合、顔のほくろとは治療方法が異なるのでしょうか?

基本は、頭皮にできた赤いほくろも、他の身体の部分と同じ方法でほくろを
除去することが可能です。

頭皮と言っても範囲が広いいので、
髪の生え際あたりに赤いほくろがあり、髪をよく結んだ時に気になる女性の方や、
短髪のため、ほくろが常に見えて気になる男性の方は、以下の治療法を試してみましょう。

レーザー治療

レーザー治療と聞くと、なんだか痛い、怖いイメージがありませんか?

私は頭皮ではないのですが、顔のほくろを数ヶ所レーザー治療で消した経験があります。
最近はそれほど痛みもなく、
ほくろ除去後の治癒も早いレーザーでの治療が可能になっています。

レーザー治療はCO2(炭酸ガス)レーザーがオススメ!

私は顔のほくろを除去する際、このCO2レーザーで治療を受けました。

除去前は麻酔をするので、施術中は全く痛みを感じません。

また、除去後は傷跡も目立たないので、変に後が残ることなく綺麗になります。

あまりにも、ほくろの色が濃すぎる場合は、一度で除去してしまうと、傷跡が残りやすく、
除去した部分が凹んでしまう可能性があるので、何度かに分けて治療行うこともあります。

こちらは、保険適用内で治療をすることができますので、
高額な治療になることは殆どありません。

切除

メラノーマ(皮膚がん)が疑われる場合は、切除手術が行われることが一般的です。

がんの部分と、その周りの正常な組織を切除することで、がんの転移を防ぎます。

良性のほくろでも、切除による治療は可能ですが、
レーザー治療と比べ、傷跡が残りやすく、
切除後の回復も遅くなってしまうのがデメリットです。

同じく紫外線によって、頭皮に赤いほくろ以外にできるものもありますので、
是非、こちらの記事も参考にしてみて下さい。
頭皮に赤いニキビや吹き出物ができる原因は?効果的な改善策を紹介!

 

まとめ

  1. 紫外線により、頭皮に赤みが生じ、ほくろができる
  2. 殆どのほくろは良性だが、稀に悪性のほくろができる可能性がある
  3. 良性のほくろの場合は、レーザー治療悪性の場合は切除治療が一般的

頭皮は身体の中でもデリケートな部分になるので、
赤みのほくろができてしまった時に、不安になるかもしれません。

しかし、デリケートな部分ではありますが、気軽にできる治療法もあり、
紫外線に気を付けていれば、十分に予防は可能ですので、
頭皮のほくろが気になられる方は、皮膚科で一度診察してもらいましょう!

-お悩み別

© 2021 Shampooon Powered by AFFINGER5