お悩み別

美しい髪の毛は食べ物から!?髪の毛に艶を生み出す食べ物、栄養とは?

 

シャンプーのCMをみているとモデルさんの髪の毛つやがあってでさらさら。同じシャンプー使ってもつやさらヘアーになるとは限りません。どうしたら・・・。そんなお悩みの方に朗報です!食べものでつやさらヘアーを育てられるかもしれません!
そもそも髪の毛のつやはなんなのかから美しい髪の毛を育てる食べ物など美しい髪を育てる方法をみていきましょう。

髪の毛の艶とは?

はぁ・・
マリコ

ヒロロン
どうしたの?

シャンプーのCMやってたんだけどモデルさんは髪の毛がつやつやでうらやましいなぁって思って
マリコ

ヒロロン
たしかにつやつやさらさらだよね。あれってテレビだからじゃないの??

確かにテレビCMをみるとつやつやさらさらです。例えば・・

このCMは私も使用していたPANTENEのものです。
2人ともつやつやさらさらでうらやましい!

これはCMの演出なのでしょうか
答えはNoです!

上のCMでもあるようにドライヤーやカラー、パーマを繰り返していもつやさらヘアーになるのです!

では髪の毛のつやとはどうやってできているのでしょうか。

実はツヤは光の反射で見えています。

光の反射が多い=つやがみえるということになります。

光の反射は表面が滑らかなところでは決まった方向に反射し逆にデコボコしているところはいろんな方向に反射する特徴があります。

髪の毛に置き換えて考えると

  • 表面滑らか=ストレートで健康な髪=つやがみえやすい
  • 表面デコボコ=傷んだ髪、パサつき、ごわごわな髪、くせ毛、ウェーブなど=つやがみえにくい

となります。

なんだか理科の勉強みたいですね・・。
とにかくつやをだすにはまっすぐな髪ということです!

続いて少し髪の毛の構造をみていきます。
これもつやをだす上で大切な情報になります。

1本の毛髪は、外側から中心に向かって3つの層からなり、一番外側をキューティクル、中間部をコルテックス、中心部をメデュラといいます。それぞれの役割をご紹介します。

キューティクル(毛小皮:毛表皮)は、毛髪の表面をおおっている部分。外部の刺激から毛髪内部を守り、コルテックスのタンパク質や水分が失われないように働くと同時に、髪につやを与えています。根もとから毛先に向かってウロコ状(紋理)に重なり合い、1枚の細胞は非常に薄く、通常6~8枚が密着した層をなしています。健康な髪は、紋理が規則的に整った波状をしていますが、傷んだ髪は乱れています。主成分は、イオウ含有量の多いケラチン(硬質タンパク質)で、色は無色透明。硬い反面、もろくて摩擦に弱いため、無理なブラッシングや乱暴なシャンプーによって傷ついたり、はがれやすくなったりします。

ヘアアイロンではキューティクルが溶けることも。さらに傷んでキューティクルのほとんどがはがれてしまうと、内部のタンパク質が流出し切れ毛や枝毛の発生しやすい状態に。

引用元:資生堂 URL:https://www.shiseidogroup.jp/binolab/h_0001/

 

髪の毛の構造をみるとキューティクルという部分が外部の刺激から守っていて健康な髪の毛を維持するのに大切な役目をになっているようです。

またこのキューティクルが整っていることで光を反射させます

つまり

  • 光の反射
  • キューティクル

この2つがキーワードとなります。

艶がない原因は?

さて、つやの見え方についてみてきました。
それではつやがないのはなぜでしょうか?

一言でいうと髪の毛がうまく光を反射できていない状態にあることが原因です。

それってどういうこと・・・??
マリコ

いくつか原因を挙げてみましょう

 

  • 髪が傷んでいる
  • くせ毛
  • 頭皮の汚れ
  • ストレス
  • 加齢

つやを出すにはまっすぐな髪ということを前項で書きました。

つまりくせ毛やウェーブがかかっていたりで髪の毛がまっすぐでないとつやは出にくいということになります。

またキューティクルが整っていることで光を反射させる=つやがでるということがわかりました。

逆を言うと髪が傷み、キューティクルが剥がれてしまったりすると、光を反射できずつやがなくなってしまいます。また内部のタンパク質が出てしまい切れ毛や枝毛になりやすくなります。

髪が傷んでしまう原因は紫外線乾燥無理なブラシ強引なシャンプーなどです。

また加齢頭皮環境が悪いことで血流が悪く髪に栄養がいかなくなることも原因となります。

原因はいっぱいあるんですね。これを全部気にしてたら大変・・。

食で育てよう!髪の毛のツヤ育

髪の毛をつやつやにするには...

  • ブラッシング方法やシャンプーなどヘアケアの見直し
  • 規則正しい生活

などがあります。

 

力いっぱいブラッシングやシャンプーをしてしまうと髪が傷んでしまいつやがなくなってしまいます。

正しいシャンプーの仕方についてこちらの記事で徹底解説しています。
こちらを参考にしてください。
正しいシャンプーの方法を徹底解説!毎日のケアで美髪を目指そう!

ヘアケアの次に挙げたのが規則正しい生活。
健康のためにも規則正しい生活が大事とは言いますが具体的にはどうなのでしょうか。

早寝早起きで朝昼夜食べる??
そもそも早寝早起きってどれくらい??
食べるものは何でもいいの??

とただ規則正しい生活と聞いただけでも疑問ばかり出てきます。

そこで今回は特に食にスポットを当ててみていくことにしましょう。
つや髪にするための健康な髪を育てるうえでも食事が影響してきます。

大事なのは魚・野菜中心の食生活、多くの食材から栄養素を摂りそれを規則正しい時間にバランスよく摂ることです。

髪も成長させるために必要な栄養素があります。

しかし高カロリーで脂肪分が多い食事ばかりとっていると、頭皮の血行が悪くなったり、皮脂の分泌が多くなったりします。これにより髪の成長を止めるだけでなく抜け毛の原因にもなります。

髪の成長に必要な栄養素ってなんなんだろう??
マリコ

ヒロロン
次から詳しく見ていこう

ツヤ髪を育てる栄養素とは

髪を育てる栄養素とは・・

ずばり

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル

ひとつひとつ見ていきましょう。

タンパク

髪の主成分の99%以上がケラチンというタンパク質です。タンパク質には大きく分けると肉や魚、卵、チーズなどの動物性大豆食品などの植物性の2種類あります。この内、植物性タンパク質をメインで摂取することを意識します。もし動物性タンパク質を摂る際にはなるべく魚介類から摂取するようにすると理想的です。

ビタミン

ビタミンはA、B、C、Eなどいくつか種類があります。その中には細胞の老化や髪の乾燥を防いだり、新陳代謝を促したり、血行を良くしたりする効果などをもつものがあります。頭皮環境が整うと十分な栄養が行き渡るので、健康的な髪が作られやすくなります。

また、ビタミンがないとたんぱく質を吸収するときに効率が悪くなってしまいます。髪の生成には特にビタミンAビタミンBビタミンEが強く関わってきます。

ビタミンA

頭皮の新陳代謝を促します。乾燥やかゆみなど頭皮のトラブルを防ぐ効果もあります。また、コシやボリュームを保つ効果もあり、頭皮にも髪にも重要な役割を果たします。

ビタミンC

老化の原因となる物質を防ぐ効果があります(抗酸化作用)。抜け毛や白髪の予防に役立ち、髪の乾燥を防ぐ効果があります。髪の成長に必要な亜鉛の吸収を良くする働きもあります。

ビタミンE

頭皮の血行を促進し、ビタミンAと同様に新陳代謝を促します。頭皮の環境が整いやすくなり、髪に栄養が届きやすくなる働きがあります。

ビタミンB群

タンパク質の吸収を良くします。また、頭皮の新陳代謝を良くする働きがあり、健康な頭皮の環境作りに役立ちます。

ミネラル

髪を元気に育てるのに欠かせないのがミネラルです。しかしミネラルは体内で生成することができません。そのため食事などで摂る必要があります。

亜鉛

細胞の新陳代謝を活発にしたり、抜け毛の原因である酵素を抑える働きを持っています。また、タンパク質の吸収を高めてくれるのでタンパク質と一緒に摂取すると良いです。ビタミンCが亜鉛の吸収を高めてくれます。

鉄分

血液中のヘモグロビンの生成を助け血行を良くしてくれます。これが少ないと貧血の原因となります。髪に栄養を届けるためにも必要な栄養素となります。

カルシウム

骨を作るだけでなく、脳の神経細胞の働きを活性化させます。これにより髪の生成を助け、脱毛を防いでくれます。

セレニウム

ビタミンCなどと同様老化を予防してくれる抗酸化作用を持っているので、髪や頭皮を若々しく保つ働きがあります。

他にもたくさんありますが特に大事だと思うものを挙げました。
髪を育てる栄養素もたくさんあるんですね。

ただしそれだけを摂っていればいいわけではありません。
バランスよくとることが大切です。

あまり食事を気にしてこなかった私にとってなかなか難しく感じました。
ただ同時に食事って大事だなぁと改めて思いました。

例えばアスリートの方がよく食事を気にしているのをテレビでみます。
髪だけでなく身体にとってもとても大事なことだと思います。

どうせなら楽しくおいしく食べて髪も身体も健康になりたいですね。

髪の毛を美しくする食べ物は?

栄養素はわかったけどどんなものを食べたらいいんだろう
マリコ

魚、卵、牡蠣、わかめなど海藻類などが挙げられます。

マグロなどには髪の材料となるシスチンが豊富です。また血をさらさらにするものも含まれているため血流がよくなり髪の成長を促します。
またウナギはビタミンAやB群を多く含まれているため、美しい髪をつくる手助けをしてくれます。

タンパク質が豊富に含まれています。またビタミン類やミネラル類など多くの栄養素が含まれています。

牡蠣

髪にとって大事な亜鉛やミネラルがたくさん含まれています。
またビタミンCと一緒に摂ると吸収がよくなります。
レモンをかけて食べるとおいしいし栄養も効率よく摂取することができます。

海藻

髪を生やすのには海藻が良いとなんとなく聞いたことはありませんか?
実際ビタミン類やミネラル類を多く含んでいます。またヨウ素も含まれておりこれは甲状腺に作用し髪の成長を促します。

 

一例として挙げましたがそれぞれの栄養素など考えると他にもたくさんあります。
肉より野菜や魚がメインの食生活が髪にとってはいいようです。

 

逆に髪のために避けたい食べ物としては
お酒インスタント食品やファーストフード脂質の多いものになります。

なんということでしょう・・
私が好きなのばかりではないですか
インスタントやファーストフードも楽だし早いからよく利用します。
お酒も好きだしおつまみは油っこいものばかり・・。

お酒はほどほどに気をつけないといけませんね。

まとめ

  • 髪の毛の艶とは・・光の反射=まっすぐで健康な
  • 艶がない原因は・・光を反射できない=傷んだ髪やくせ毛
  • 食で育てよう!髪の毛のツヤいく・・必要な栄養素をバランスよく摂取しよう
  • ツヤ髪を育てる栄養素とは・・三大栄養素はタンパク質、ビタミン、ミネラル
  • 髪の毛を美しくする食べ物とは・・魚、卵、牡蠣、わかめなど海藻などなど

つや髪をつくるにはオイルやシャンプーコンディショナーなどヘアケアをしなければいけなく、オイルを塗ったときだけかなとさえ思っていました。

しかし食事や規則正しい生活で健康な髪を育てることでつや髪につながります。

 

-お悩み別

© 2021 Shampooon Powered by AFFINGER5