お悩み別

髪の毛が細い原因は生まれつき?遺伝?対策法を一気に紹介します!

私は長年、自分の生まれつき細い髪の毛に悩んできました。

髪の毛が太い人にはうらやましいと言われることもありますが、細い人にも悩みがあるんです。

髪の毛の悩み

・ボリュームが全然出なくて、セットしてもしっくりこない

・髪の量が少なく見えて、なんだかみすぼらしい感じがする

・将来薄毛にならないか不安だ…

これらと同じ悩みを抱えている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

でも、髪の毛は見た目に大きく影響する重要な部分なので、

諦めるわけにはいきません。

なんとかこれらの悩みを解決できないだろうかということで、私は色々と試してきました。

 

そこで、今回は髪の毛が細くなる原因やその悩みを改善するための方法について、皆さんに紹介していきたいと思います。

 

少しでも皆さんの悩みが解消されたら嬉しいです。

気軽に読んでいってくださいね!!

細い髪の毛は生まれつきなの?

生まれつき髪の毛が細い人は世の中にたくさんいます。これは親の髪質が遺伝しているのです。

あなたのご両親やご家族も髪の毛が細い人がいるのではないでしょうか?

私の場合は母の髪の毛が細く、他の兄弟もみんな私と同じように髪の毛が細いです。

日本人の髪の毛の平均の太さは0.07〜0.15mmです。

髪の毛は中心部からメデュラ、コルテックス、キューティクルで構成されており、全体の90%を占めるコルテックスの量によって、髪の毛の太さが変わってきます。

 

生まれつき髪の毛が細い人はコルテックスの量が他の人に比べると少ないのです。

もともとの最大量が決まっているため、今以上に髪の毛を太くすることは現在の医療では難しいです。

 

細い髪の毛の人は将来、薄毛になるの?

髪の毛が細いと将来薄毛になると友達に言われたのですが…
マリコ
ヒロロン
安心してください。生まれつきの髪の毛の細さと薄毛は関係ありません。

 

そもそも薄毛になる原因は生活習慣の影響による頭皮の血液不良、加齢とホルモンによるものだと言われています。

もともと髪の毛が細くても、髪の毛を作る毛母細胞がしっかりと働いていれば、薄毛になることはありません。

ただし、最近髪の毛が細くなってきたという人は髪の毛の発育不良が起きている可能性が高いので、生活習慣を見直し、頭皮のケアをすることをお勧めします。

 

髪の毛の細さをカバーする方法

生まれつき髪の毛が細いと、太くするのは難しいんですね…
マリコ
ヒロロン
元気を出してください。そういう場合は、細さをカバーしてあげればいいだけですよ!

 

ちょっとした工夫をするだけで、髪の毛の細さが気にならなくなる方法があるんです。

私もこれらの方法を取り入れてから、周りの目があまり気にならなくなり、自信がもてるようになりました。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

・ドライヤーを活用する

髪の毛を乾かすときに、もしかして髪全体に適当に風を当てていませんか?笑

実はどのように乾かすかによって大きく見た目が変わるんです!

髪の毛には「形状記憶」といって、濡れた状態から乾いたときの形をそのまま記憶する性質があります。

これを上手く利用しましょう。

まず、髪の毛の根元を指で持ち上げて、下から上に温風を当てましょう。

全体がある程度乾いてきたら、冷風を当てましょう。

こうすることで、より形が残りやすくなり、キューティクルが引き締まって潤いをキープできるようになります。

美容室で髪の毛をカットした後に、美容師さんにドライしてもらうと、髪の毛がふんわりとなったという経験ありませんか?

あれは1日に何十人ものお客さんの髪の毛をドライしているからこそできる技なんです!

もちろん美容師さんではなくても少しコツをつかめば上手に立たせることはできるので、毎日お風呂上りに研究するといいと思います。

 

・パーマをかける

髪の毛が細くて薄毛に見えてしまうことがあります。

これは見た目が実年齢以上に老けて見える原因にもなるので、できればボリュームをだしてカバーしたいところです。

そこでおすすめなのがパーマです。

パーマをかけることで、髪の毛にボリュームを出すことができ、ふんわりとした優しい感じを出すことができます。

また、髪型をショートカットにすることも効果的ですよ。

ショートカットは見た目もスッキリして若々しく見え、スタイリングも簡単にできます。

今までパーマやショートヘアに挑戦したことがない人は一度試してみるといいと思います。

私も普段パーマをかけているのですが、ボリュームが増えて見えるので、それまでに比べて薄毛を気にすることがなくなりました!!

 

・髪色を明るくする

日本人の髪色といえば「黒」ですよね。

シャンプーのCMを見ていて、思わず「美しい」と見とれてしまうような印象を与える色です。

しかし、髪の毛が細く、薄毛に見える人には黒髪は好ましくありません。

なぜなら黒髪と頭皮の色のギャップが強くて、より薄毛が強調されてしまうからです。

そこで、髪色を明るくすると、そのギャップを軽減することができます。

中でもブラウン系は日本人でも似合うおすすめのカラーです。

自分に似合う髪色を選ぶといいでしょう。

また、カラーリングは髪の毛にダメージを与えてしまうので、自分の髪の毛の状態でも問題ないか美容師さんに相談してみるといいですよ!!

 

まとめ

髪の毛が生まれつき細い人は、遺伝の影響で髪質を太くするのは難しいです。

その場合は、どうやったら自分の髪質が生かせるかを考え、研究しましょう。

今回は3つの対策法を紹介しました。

・ドライヤーを活用する

・パーマをかける

・髪色を明るくする

髪の毛は少し変化をつけるだけで、見た目が大きく変わります。

髪の毛の細さをしっかりと活かして、自分の髪に自信をもって生活していきましょう!!

-お悩み別
-, , ,

© 2021 Shampooon Powered by AFFINGER5