お悩み別

髪の毛が細い人でも大丈夫?毛先や前髪が思うようにキマる方法を調査!

髪の毛細い人は、毛先前髪が思うようにセットできないことありませんか?「毛先が細くて、毛が跳ねて髪のセットが上手くいかない」「前髪が細くて、老けて見える」など悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私も髪の毛が細いので、ヘアスタイルのセットには苦労しています。美容室でセットしてもらうよなヘアスタイルができれば、毎日苦労しないと思う日はありません。

そこで、髪の毛が細い方におすすめの髪型やスタイリング方法をお伝えします。自分に合う髪型やスタイリングを見つけ,悩みを克服しましょう。

毛先や前髪が細い方の特徴

私の髪細くない?
マリコ
ヒロロン
自分では気づきにくいよね

自分の髪の毛が細いと気づけず、髪のセットで悩んでいる方や「私の髪細いかも?」と半信半疑の方も多いのではないでしょうか。

毛先や前髪が細い特徴を知っていれば、毎日のセットに活かせること間違いないです。

そこで、毛先や前髪が細い方の特徴をお伝えします。

毛先が細い方の特徴

「雨などの湿気が多いと髪がぺたんこになる」「髪のボリュームが少ない」

こんな悩みの方の大半は、毛先が細い可能性があります。

そのため、髪を結んだり、濡れたりすると地肌が見えやすく「良いことない」と思う方もいますよね。

しかし、毛先が細い方はふんわりとしたヘアスタイルやエアリー感のあるヘアスタイルが作りやすい特徴もあります。

髪が太いと、このようなヘアスタイルはできにくいですが、髪が細い方ならふんわりした、可愛らしいヘアスタイルが出来ますよ!

前髪が細い方の特徴

前髪が細い方は、毛先が細い方と同じく「髪がぺたんこになりやすい」「髪のボリュームが少ない」という特徴があり、これは第一印象に影響します。

前髪のボリュームを増やしたくて前髪を伸ばした経験はありませんか?

これは、逆効果で前髪を伸ばすと髪がスカスカになりやすく、老けてみえたり、髪がぺたんこになりやすいので暗い印象を与えてしまったり薄毛が強調されるので止めましょう。

ですので、前髪が細い方は、眉に髪がかかる程度に抑えることで、若々しさがでてきますよ。

おすすめのヘアスタイリング方法とは?

髪のセットって毎日にたような感じにならない?
マリコ
ヒロロン
たしかに、似たようなセットになるよね

毛先や前髪が細い方は、毎日のセットに苦労しませんか?髪が細いと毎回似たようなセットになりますよね。

美容室でしてもらうようなセットができれば、毎日苦労しないのが本音です。

そこで、毛先や前髪が細い方におすすめのヘアスタイリングを紹介します。

毛先が細い方のヘアスタイリング方法

スタイリングの前段階として、コシのでるシャンプーとコンディショナーに変える。髪を乾かす際に「髪の根元を立たせる」ようにする。これを行うことで、仕上がりが良くなります。

また、ボリュームを出すために、髪の分け目を変えるのも1つの手です。ヘアアイロンで毛先を巻くことで、ふんわり感がアップしますよ!

スタイリング剤は、繊維のあるハードタイプやスプレータイプを使いましょう。毛先が細い方は、ふんわりとしたセットがラクにできますよ。

ジェルのようなスタイリング剤は、髪がぺたんこになるので避けましょう。

 

ワックスの付け方が、分からない方は上記の動画を見ましょう。美容室の方が、普段から行っているワックスの付け方が紹介されているので、ぜひ参考にしてください。

前髪が細い方のヘアスタイリング方法

前髪は、自分の髪の長さによってヘアスタイルが変わります。最適な前髪の長さを知らない方も多いのではないでしょうか。

最適な前髪の長さは、眉より上が最適な長さです。「ショートヘア」「ロングヘア」どの長さでも対応できます。

前髪を切るには少し勇気が要りますが、印象が変わるのでチャレンジしてみる価値はあると思いますよ。前髪のスタイリングで1番大事なのが、ふんわりさせボリュームある前髪をつくることです。

ふんわりさせボリュームある前髪を作る簡単な方法は以下の通りです。

ボリュームある前髪を作る方法

  • 前髪にパーマをかける
  • 分け目を9:1にする

髪が細い方は、ふんわりさせることは髪質的にドライヤーやヘアアイロンで簡単にできます。あとはいかにボリュームを出すかが重要で、上記のこと行えばボリューム感がアップします。

 

上記の動画では、前髪の作り方とスタイリングの方法が紹介されています。前髪のセットで悩んでいる方などは参考になると思いますよ。

毛先や前髪のケア方法とは?

髪のケアっていつもどうしてる?
マリコ

ヒロロン
特にケアはしてないかな

髪のケアは大事だよ!
マリコ

男性・女性問わず、毎日のヘアケアは大事です。髪のケアがしっかりしている方は、若く見られるメリットがあります。

年齢より下に見られるのは、嬉しいものですよね!ヘアケアを覚え、若さを手に入れましょう。

髪に栄養を与える

体のために、栄養のある食事を心がけると思いますが、髪にも栄養が必要で栄養不足になると「髪が細くなる」「髪が抜け易い」などデメリットが多いです。

髪に良い食材として「わかめ」「昆布」といった海藻類を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、それでは健康の良い髪を作ることはできません。髪はたんぱく質でできています。

たんぱく質は、髪だけではなく筋肉などにも使われるので不足しがちになります。

そのため、髪に健康のためにもたんぱく質をしっかり取りましょう。

SAVAS

どの食材にたんぱく質が多く含まれているかわからない方に、上記のサイトをご紹介します。

前髪・毛先のケア方法

前外や毛先が細い方は、コシやハリがなくなりやすいのです。そのため、たんぱく質の仲間である「ケラチン」が含まれているシャンプーやトリートメントを使いましょう。

先ほどお伝えしましたが、たんぱく質は髪にとって重要で、食事のみだけでは十分に補うことができません。

ですので、ケラチンが含まれているシャンプーやトリートメントで補填することで、コシやハリのある髪を目指すことができます。

トリートメントの中には洗い流さないトリートメントがあり髪が細い方にはおすすめです。

細い髪は傷みやすいので、トリートメントでケアすることで、潤いある美しい髪が手に入ります。

髪の毛が細い方におすすめの髪型とは?

 

髪が細い人でどんな髪型が似合うのかな?
マリコ
ヒロロン
髪型で印象が変わるから大事だよね

髪が細くショートヘアからロングヘアどんな髪の長さでも共通して言えるのが、ふんわりとしたボリューム感ある髪型がおすすめです。

ふんわりしたボリューム感ある髪型にするには、毛先にシャギーカットやパーマをあてると雰囲気が良いおしゃれな髪型になりますよ。

パーマをあてると、ボリューム感が増すだけではなく毎日のセットがラクになるメリットもあります。

髪が細い方は、カットやパーマでスタイルを作る方法が1番おすすめです。

しかし、似合う髪形は人それぞれ違うので、行きつけの美容師に相談してみるのもいいですよ。

まとめ

  1. 毛先には、繊維のあるハードタイプかスプレーを使う
  2. ジェルは髪がぺたんこになるので避ける
  3. 最適な前髪の長さは眉より上
  4. 髪に栄養を与える
  5. ケラチンが含まれているシャンプーやトリートメントを使う
  6. カットやパーマでスタイルを作る

上記のことを行えば、おしゃれ度がアップするだけだはなく、印象も良くなるので同姓だけではなく異性にも好かれること間違いなしです。

ただし、似合う似合わないは、人それぞれで、自分だけでは判断できないですよね。そんな方は、髪のプロである美容師に尋ねてみましょう。

 

-お悩み別

© 2021 Shampooon Powered by AFFINGER5