お悩み別

一般的に髪は伸びるのが遅い?伸びるのが遅い髪の理由を調査!

最近、髪が伸びてくるのが遅いような気がするの?
マリコ
ヒロロン
髪が伸びる速さや遅さは個人差があるけど何か理由が有るかもしれないね、そうだ調べてみよう!

この記事では、髪の伸びる一般的な期間や伸びるのが遅い理由、そして育毛に良いことを解説しますので参考にして下さい。

一般的に髪が伸びる期間

一般的に髪が伸びる長さは、平均で1週間で約2.5mm伸びています、これは1本当たりの数字ですが、髪の毛全体の平均1日に伸びる長さを計算すると、
なんと約25m。髪の毛は全体で約10万本生えていてその9割が成長期の髪なんです。

 

例えば、結婚式でヘアアレンジをする場合一般的な髪の長さは、鎖骨よりも少し長いくらいがアレンジもしやすいようです。

もしボブくらいの長さであれば、10~15㎝くらいは伸ばさないといけなくなりますね。

マリコ

 

ヒロロン
その場合は、個人差は有りますが約9ヶ月から13ヶ月くらいは掛かりますのでショートヘアの方でロングのアレンジを希望される場合は、ウィッグを使うしかないですよね。

自身のロングヘアーを考えてる方でしたらその期間は髪の毛のダメージに注意して、伸ばしていくことです。

ヒロロン
髪の毛は季節により伸びる速さが違うようですね。髪の伸びる速さが、1年間で早くなるのは気温が高くなる夏場です。
だいたい4月頃から髪の毛の伸びが速くなり8月頃にピークを迎えて9月頃から徐々に髪の伸びが遅くなります。

季節によって髪の毛の伸びる速さが違う理由は、新陳代謝が髪の伸びる速さに関係していて、寒い冬は新陳代謝が弱ってくるので髪の毛が伸びる速さが遅くなります。

次に、伸びるのが遅い髪の理由を解説します
マリコ

伸びるのが遅い髪の理由

 

髪の毛は体の新陳代謝に大きく関係しているので新陳代謝が崩れると髪の毛が伸びるのが遅くなります。

例えば、喫煙、飲酒、偏った食生活をしたり、ストレスがたまって睡眠不足になるなどが続くと新陳代謝が悪くなり、髪の毛が伸びる速さが遅くなる可能性がありますが、急激に遅くなるわけではありません。

では、栄養不足、食生活、ストレスの3点について簡単に解説しますので参考にしてみて下さい。

栄養不足が影響している

髪の毛が伸びるのが遅いと思ったらまずは食生活を見直してみることです、偏った食生活をしていませんか?1日の栄養バランスを考え、髪の毛の成長の為に栄養素を摂取しましょう。

ヒロロン
男女問わず、髪や肌は健康で有りたいものです、特に女性の方は、肌や髪のハリやツヤを失いたくありませんよね。

しかし体内のタンパク質が不足してしまうと皮膚組織の大部分を占める真皮の材料となっているコラーゲンにエラスチンという体の構造を担うタンパク質が加わることで、肌に弾力を与えると言われています。

タンパク質が不足することでエラスチンの働きも行われにくくなり、シワやたるみの原因となります。
マリコ

ケラチンは20種類あるアミノ酸の種類のうち一部が結合して作られている成分のことです。

タンパク質不足は枝毛や切れ毛の原因にもつながるので丈夫な髪の毛を作るどころか、薄毛や髪が伸びるのも遅くなる可能性もあるので要注意です。

 

食生活が乱れている

髪の毛の為にも成長ホルモンを整えておくことです。成長ホルモンを正常に分泌させて、生活リズムを整えることです。

充分な睡眠をとりバランスの取れた食生活をしていなければ、髪の伸びるのが遅い理由でも有ります。

冷え性、疲れやすい、眠れない、集中力が続かない等の倦怠感は全てホルモンバランスが崩れている症状です。

 

ヒロロン

ホルモンバランスは髪の毛にも影響していてバランスが崩れていると髪の毛が生えてくるサイクルが乱れ新しい髪の毛が育ちません。

そして、頭皮の状態が悪くなり抜け毛だけになり髪の毛が生えてこなく薄毛の状態になるのです。

 

これは男性・女性どちらでも、ホルモンバランスが乱れることで起きるのでまずは栄養不足でこのようなことになるということを理解することが大切です

ストレスも影響している

ストレスが溜まると髪の毛への必要な栄養素を運べず血行が悪くなってしまいます。薄毛や抜け毛の原因にもなり髪が伸びるのが遅くなります。

思い当たるストレスがある場合は、速やかに発散させましょう。

髪の毛が細いとお悩みの方に向けた記事ですが食生活の事も書かれてますので参考にしてみて下さい。

あなたの髪の毛は大丈夫?細い根元が太くなる方法!

ヒロロン
続きまして、育毛に良いことを解説します

育毛に良いことを解説

 

健康な毛髪にするための育毛に良いことは、

  • 良質な睡眠をとるようにする
  • バランスの取れた食事をする
  • ビタミンやたんぱく質を補給する
  • 適度な運動を心がける

これらの4項目です。

ヒロロン
それでは、この4項目についてそれぞれ解説しますので参考にして下さい。

良質な睡眠をとるようにする

良質な睡眠とは、22時から深夜2時の時間に爆睡することで、成長ホルモンが分泌するので新陳代謝育や細胞への栄養補給が活発になります。

遅くても24時までには寝るようにして努力して7時間の睡眠をとるようにしましょう。

食生活に気をつけましょう。

 

バランスの取れた食事をする

健康的な美髪にするためにバランスのとれた食事を心掛けましょう。

髪は体の中で栄養が回ってくる順番が遅い部分です。

なので偏った食生活をすると髪にまで栄養が届かずに、パサついた髪の毛になります。

髪がパサついているのは栄養不足のせいです髪の毛に良い食事を摂ることで健康的な美髪になります。

 

ビタミンやたんぱく質を補給する

育毛に必要なのは、たんぱく質・亜鉛・ビタミンB2・B6・ビタミンE・等が含まれた食品を食べて、水分もしっかりとる

頭皮は、年齢が進んだり栄養が不足するとお肌のようにたるんでしまい、それが縮れやうねりのある髪など、サラサラの髪の毛とは無縁の髪になってしまいます。

ヒロロン
頭皮のたるみは血行不良が主な原因と言われているので、ブラッシングなどをして常に頭皮の血の巡りを良くすることで改善できます。

あわせて、血行や新陳代謝、抗酸化作用を併せ持つビタミン群をとることで健康を保つことができます。

髪の主成分であるケラチン、タンパク質を合成する役目がある亜鉛は、髪を構成する重要な3大成分の一つと言われています。

クエン酸やビタミンなど一緒に摂取することで、吸収が良くなります、亜鉛たっぷりの牡蠣をレモン汁で食べると、髪の健康に効果があるんです。

 

適度な運動を心がける

適度な運動をすることで、血行が良くなり新陳代謝が活発になり髪も健康になりますが運動する時間が無い方は、頭皮マッサージするのもおすすめですよ。

また、紫外線対策をしたりなるべくストレスを溜めすぎないようにするのも育毛には、大切なんです。

運動不足が続くことで体力が低下していきます、さらに酸素の摂取量が減り、血液の循環も悪くなります。

髪の成長に必要な血液や栄養素も、頭皮や髪まで十分に行き届かなく頭皮トラブルにもなります。

抜け毛や薄毛の予防をするためにも、日頃から適度な運動を心がけ体力を著しく消耗する激しい運動は、疲労が蓄積してしまうので逆効果になります。

ヒロロン
ゆっくり時間をかけてウオーキングや、ゆっくりとジョギングなどの有酸素運動を地道に続けることで心肺機能も良くなり、血液の循環も向上するので頭皮や髪への血液や栄養も届くようにうなります。

女性の方に多い冷え性や低体温症の改善するには、下半身を強化する運動をすることです。

身体中の血行が良くなるので、頭皮や髪も健康的になります。

適度な運動は心地いい疲労感をもたらし、良質的な睡眠がとれるので心身ともにリラックスできストレス解消となります。

 

まとめ 

 

  • 一般的に髪が伸びる期間は、髪は平均で1週間で約2.5mm伸びています、これは1本当たりの数字です
  • 伸びるのが遅い髪の理由は、栄養不足、食生活、ストレスで新陳代謝が崩れると髪の毛が伸びるのが遅くなります
  • 育毛に良いことは、良質な睡眠をとりバランスの取れた食事でビタミンやたんぱく質を補給して適度な運動を心がける
個人差は、有りますが髪が伸びるのが遅いと感じたときは普段の生活習慣を見直すと良いでしょう。
マリコ

 

-お悩み別

© 2021 Shampooon Powered by AFFINGER5