お悩み別

髪に艶を出す方法や艶髪の作り方をご紹介!髪に自信のない方必見です!

街中で見かけるきれいな女性には共通点があります。
顔、スタイル、ファッション、そして「髪」です。
サラサラで艶のある髪の女性って、なんだか目で追ってしまいますよね。若い女性はもちろん、年齢を重ねた女性でも、髪に潤いやボリューム感のある艶髪だと、ついつい同性であっても見惚れてしまいます。

この記事では、最近自分の髪に自信がなくなってきた方必見の、「髪に艶を出す方法」「艶髪の作り方」についてご紹介していきます!

艶髪の特徴について


髪の悩みを抱えている方は男女問わず結構いると思います。元々の髪質やパーマやカラーによる髪の傷み、加齢によるものなど、悩みは人それぞれですよね。
私は元々くせ毛で艶も出にくい髪質なのですが、毎日それなりに気を使って艶が出るように頑張っています!でも、雨の日や湿気の多い日は、何をしてもすぐに髪がうねうねして艶感なんてゼロです。

そもそも、艶髪の特徴と聞いて多くの方が思い浮かべるのは「天使の輪」だと思います。
ストレートヘアでも巻き髪でも、この「天使の輪」があるだけで美しく見える、「美人の条件」の一つだと言われています。

天使の輪と呼ばれているものは、キューティクルの表面に光が当たり、反射することで見られます。つまり、キューティクルの表面がしっかりしていないと天使の輪は現れません。

艶髪とボリュームの関係

多くの女性はヘアセットをするときに、ストレートヘアだとサラサラとした見た目と髪表面の艶感を、巻き髪だとふんわりとしたボリューム感出すために、毎朝頑張りますよね。美容室でセットしてもらう時もそうだと思います。

ではなぜ、艶感とボリューム感にこだわっていると思いますか?

あなたが人を見た目で判断する時、髪の毛って結構目につきませんか?
20代の女性であっても、パサパサで艶のない髪だと実年齢よりも老けて見えることが多いですが、グレイヘアでも艶があってボリュームもあるとかなり若々しい印象になります。

つまり、艶髪とボリュームは見た目年齢にかなり影響しているのです。
でも、年齢を重ねると髪も変化して、どうしても艶感やボリュームは無くなってきてしまいますよね。

次の項目で髪の艶が無くなる原因について詳しく見ていきましょう。

関連記事
髪が細い人必見!!太い、多い、ボリュームアップさせる方法とは?

髪に艶が無くなる原因


女性は年齢を重ねるごとに、髪の悩みも増えてきてしまうものですが、日焼けによるダメージや産後の髪質の変化、加齢によって艶・ハリ・コシが無くなってきた…など、悩みの種類は様々です。

髪は見た目年齢に出やすいので、気にしてお手入れしているつもりでも、ホルモンバランスの関係や加齢による水分や油分の減少で、日頃のケアではカバーしきれなくなっていることもあります。

なぜ髪の艶は無くなってしまうの?
マリコ

ヒロロン
その原因について詳しく紹介するよ!

間違ったヘアケア

髪の毛には表面に「キューティクル」と呼ばれるうろこ状の保護層が何層にも重なり合って付いています。このキューティクルは外部からの刺激から髪を守り、髪内部の水分などが外に出てしまわないようなバリア機能の役割もあります。

キューティクルが健康な状態だと、髪も健康で艶がありきれいに見えるのですが、「摩擦」や「熱」には弱いという弱点もあります。

ブラシやタオルで髪に刺激を与えすぎていたり、ドライヤーの熱や紫外線を多く浴びることでキューティクルがはがれたり傷ついてしまい、髪の艶やハリ・コシが失われてしまいます。

紫外線によるダメージ

夏になると紫外線対策をすると思いますが、髪の紫外線対策って考えたことありますか?

夏になると髪の毛がパサつく気がするな
マリコ

ヒロロン
髪の毛も紫外線によるダメージを受けているからだよ!日焼け対策はしていないの?

帽子は暑くてあまり被らないし、日傘は差しているけど…
マリコ

ヒロロン
ロングの髪は日傘から出ているよね?それじゃ、日に当たっている髪の毛は紫外線によるダメージを受け続けているんだよ!

髪の毛に影響があるUV-Bは、毛の内部のメラニン色素を分解し、髪の色が変わってしまったり、キューティクルがひび割れてしまうことで、見た目や手触りが悪くなってしまいます。

髪の毛だけではなく頭皮にダメージを受けてしまった場合は、頭皮の皮膚の構造を壊してしまうので、水分やハリがなくなってしまったり、抜け毛や薄毛の原因にもなってしまうので要注意です。

ホルモンバランスの変化

年齢を重ねてから髪の艶が無くなる大きな原因として、女性ホルモンの減少があげられます。女性ホルモンは髪の毛の生成にも深く関わっており、ホルモンバランスが乱れてしまうと、女性ホルモンが減少してしまい髪も老化していってしまいます。

女性ホルモンの中でも「プロゲステロン」の分泌量が減少することで、髪が細くなったり、白髪になってしまうと言われています。

また、ストレスや睡眠時間、運動不足、偏った食生活などもホルモンバランスを崩す原因となり、女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまうので、心当たりのある方は要注意です!

関連記事
髪の毛がパサパサで艶がないのはどうして?原因と対策を徹底調査!
髪の毛が細いから傷みやすい?原因と改善方法・ケアの仕方をご紹介!

自宅で簡単に艶髪を作る方法や作り方


どんな季節でも髪に艶があって、自信に満ち溢れている(様に見える)女性は、やっぱり魅力的ですよね。でも、どんな自分なりにケアをしているつもりでも、夏になるとパサついて艶髪とは程遠くなったり、女性ホルモンになんて逆らえない!

そう感じている方にぜひご紹介したい、自宅で簡単にできるケアの仕方や、艶髪を手に入れる方法をまとめてみたので、ぜひご覧ください!

シャンプーの仕方

汗や皮脂の分泌が盛んになる夏場に、1日に何回もシャンプーをしたりはしていませんか?シャンプーをし過ぎてしまうと、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、パサパサの髪になってしまうので、自然な艶髪に導くためには、シャンプーは1日に1回までにしましょう。

また、シャンプー時に、頭皮を爪で傷つけてしまったり、髪にダメージを与える洗い方では、艶も無くなってしまいます。

こちらの動画で、正しいシャンプーの仕方をぜひ見てみてください!

頭皮のマッサージ

髪は頭皮から栄養を貰っているので、頭皮の血行が悪いと髪には栄養が届きません。オイルを使って頭皮をマッサージしたり、ブラッシングで頭皮に適度な刺激を与えることで、血行促進につながるので、入浴前などに行って健康で艶のある美髪を目指しましょう!

紫外線対策

空から降り注ぐ紫外線を最も近くで浴びているのは髪の毛です。
主な紫外線対策は、帽子や日傘ですが、ファッション的に合わなかったり、ロングヘアの方には、スプレータイプの日焼け止めがオススメです。

紫外線をブロックして、大切な髪を守っていきましょう!

ヘアブラシを変えてみる

ブラシにも様々な種類がありますよね。艶髪を作るのにオススメなのが、動物の毛を使ったブラシです。動物の毛を使ったブラシは、髪や頭皮に優しく自然な艶を出してくれます

私自身は静電気除去のブラシを使っていますが、ナイロンやポリエチレン製のブラシは、静電気が起こりにくく、キューティクルもダメージを受けにくいので、ぜひ自分の髪に合ったブラシを探して艶髪を目指しましょう!

生活習慣の見直し

過度なダイエットや睡眠不足、食生活の乱れなど、仕事が忙しかったり、家事や育児に追われているとどうしても多くのストレスを抱えてしまいます。でも、このストレスが原因でホルモンバランスが乱れ、毛穴の詰まりや頭皮の血行不良を起こしてしまい艶髪から遠のいてしまいます。

美髪を保つためには、ゆっくりとお風呂に入り、早めの睡眠が理想です。そして、3食きちんと栄養ある食事をとる習慣を作り、体も内側からもキレイを目指しましょう!

関連記事
美人に見える条件は髪に艶がある人!セルフケアであなたも美髪に!

まとめ

髪に艶を出すには

  • 正しいシャンプーの仕方を身に付ける
  • 頭皮マッサージで血行促進
  • 紫外線対策でUV=Bから髪を守る
  • ブラシを変えて艶髪を作る
  • 生活習慣を見直して内側からキレイに!

女性なら誰しも憧れる「天使の輪」。急に全部を試してみるのはハードルが高いかな…と思った方でも、実は毎日のケアにちょっとプラスするだけで、艶髪が手に入れられるかもしれないので、ぜひ試してみてください!

-お悩み別

© 2021 Shampooon Powered by AFFINGER5