お悩み別

赤ちゃんのシャンプーはいつから、いつまで?おすすめの流し方や嫌がる理由を調べてみた!

 

毎日、赤ちゃんの頭を洗おうとすると泣かれて困る!

特に新米のお母さんなら赤ちゃんシャンプーはとても苦労の多い仕事だと思います。

 

嫌がる赤ちゃんのシャンプーをするのって抵抗があるし、
赤ちゃんって頭が濡れるのがイヤだったりするので大変ですよね。

 

身体と一緒に石鹸で頭も身体も一気に洗ってしまうお母さんも多いようですが、
赤ちゃん用のシャンプーっていつからいつまで使えるのでしょうか?

また、おすすめの流し方や嫌がる理由についても調べてみました。

 

最後にオススメのベビーシャンプーについても紹介していますので参考にしてみてください。

 

赤ちゃんのおすすめの洗い方とは?

●洗う姿勢

基本的に赤ちゃんのシャンプーをする場合は
あぐらや横抱きがいいですね。

 

頭を左側にして左手で頭を支えて右手で洗う方法がラクだと思います。

 

また、赤ちゃんが座れるなら座らせてしまった方が落ち着きますが、
座れないなら、頭や首はしっかり支えながら洗わないといけませんよね。

 

●洗い方

まず、あまり多くシャンプー剤で洗おうとすると、すすぎ残しの原因になってしまうので、なるべく少量を手に取るようにしてください。

 

また、身体にシャンプーが残ってしまうので頭から先に洗うようにした方がいいですね。

 

そして新生児は特になのですが、頭のてっぺんがとても柔らかいのであまり強くこすらないように、間違っても爪を立てて洗わないようにしてください。

 

これは自分の頭をシャンプーする時も一緒なのですが、
指の腹で洗うようにしてください。爪もなるべく短い方が安全ですね。

 

シャンプー剤を頭皮に直接つけてしまうと頭皮が荒れる原因にもなってしまうので、
シャンプー剤は手で泡立ててから
髪の毛よりも頭皮を洗うことを意識してみてください。

 

●洗い流し

しぶきが飛んで嫌がる赤ちゃんもいるので、
できるだけ桶を使った方がいいかもしれませんね。

 

場合によってはタオルを軽くしぼって泡を拭き取るのも手ですね。

 

また、耳にお湯が入ると嫌がるので、親指と小指で両耳を塞ぐか、
片方ずつ塞いであげるといいかもしれません。

 

耳の後ろや首の後ろはシャンプーが残りやすいので注意が必要です。

 

お母さんが無言だと赤ちゃんも不安に感じてしまうので、
お湯をかけるよー!」といった具合に声をかけてあげるといいですね。

 

シャンプーハットを使う方法もありますが、
意外と頭のサイズが合わないで苦労することもありますし、
お湯を流すとシャンプーハットがずれてしまって
それがトラウマになってしまうケースもあるので注意が必要ですね。

 

ちなみに赤ちゃんは毎日シャンプーをしなくても大丈夫です。

2日に1回くらいのペースでも大丈夫だと思います。

 

泡を食べてしまう赤ちゃんもいるので、その辺りもお母さんは注意が必要です。

 

赤ちゃんがシャンプーを嫌がる理由とは?

シャンプーを嫌がる赤ちゃんはとても多いですが、
どうして赤ちゃんはシャンプーを嫌がってしまうのでしょうか?

 

考えられる原因としては

  • 顔に水がかかるのに抵抗があってコワい
  • 頭を洗う時にゴシゴシするのが痛い
  • お湯の温度が高い
  • 洗っている時の体勢が苦しい
  • シャンプー剤が目に入って痛い

このような理由があるかと思います。

 

それでは、シャンプーを嫌がらないためにどのような工夫が必要でしょうか?

 

●シャンプーを嫌がらないために

まず、お湯のかけ方に工夫する必要があります。

 

桶を使ってあげるか、シャワーの水圧をなるべく弱めにするといいですね。

 

また、赤ちゃんの肌はとても柔らかくて思っている以上に敏感なので
なでるくらいの気持ちで優しく洗ってあげるといいです。

 

赤ちゃんの機嫌をうかがうのも重要で、
食事のすぐあとや赤ちゃんが眠たいタイミングでは機嫌が悪いことが多いので
そのタイミングでのお風呂は避けてあげる方が無難です。

 

ベビーシャンプーはいつからいつまで使えるものなの?

特にベビーシャンプーをいつから使うとかいつまで使えるといった決まりはないようです。

 

一般的に髪が伸びてくる6ヶ月目くらいのタイミングで赤ちゃん用のベビーシャンプーに切り替えるお母さんが多いようですね。

 

それまでの間は首が座っていないこともあって大変なので、頭と身体で使い分けるのも難しくなってくるので、全身用を使用するのがいいかと思います。

 

また、いつまでベビーシャンプーを使うのか?というところですが、
2歳以降から大人と同じものに切り替えるケースが多いようですよ。

 

それでは、赤ちゃんに使用するシャンプーはどのようなものがいいのでしょうか?

赤ちゃんに使うシャンプーの選び方とは?

赤ちゃんは髪の毛が少ないため頭を髪で保護されていないこともあるため
頭皮のケアが必要になってきます。

 

また、赤ちゃんの頭皮は他の皮膚よりも皮脂や汗が多く汚れやすいです。
特に頭は大人よりも汗をかくので注意が必要ですね。

ですが外部の刺激からは肌を守るバリア機能が弱いので、
身体よりも頭は汗がかきやすく、頭皮の肌トラブルは起こしやすいという特徴があります。

 

なので、身体用の洗浄剤を使うよりも、

  • 髪の指通りをよくする成分が含まれたもの
  • 洗浄成分を頭皮に残しにくい

といいったような髪と頭皮のことを考えたシャンプーを使う方がいいです。

 

全身で使えるようなベビーソープは髪のケアに重視していないことが多く、
髪が伸びてくるような6ヶ月目くらいからきしんできたりぱさつきを感じるようになってきます。

 

●オススメのシャンプーはどれ?

洗浄力が強すぎるシャンプーは頭皮が弱い赤ちゃんにはおすすめできません。

特にラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naといった成分は洗浄力が強く刺激も強いたっめ
皮脂を必要以上にとってしまい頭皮を保護できなくなってしまうので避けるべきです。

 

また、赤ちゃんは皮脂が多く分泌されるのでしっかり洗い流す必要があるのですが、
乾燥にも注意する必要があります。

 

保湿成分としてはヒアルロン酸やセラミドが入っているものがいいですね。

 

アレルギーにも気をつける必要があり、
「加水分解コムギ」という成分がはいっていると
鼻や目の粘膜についた場合アレルギーの原因になってしまうことがあるので注意が必要です。

他にもアレルギーとしては、オレンジピールや卵、乳製品、クレイといった成分は避けた方がいいです。

 

ということで、私がオススメできるベビーシャンプーとしては

Dolci Bolle (ドルチボーレ)

というシャンプーがオススメです。

 

ドルチボーレは泡状のポンプタイプで
無添加にこだわっていて無香料、無着色、ノンシリコンのシャンプーになります。

 

天然水を使っているので赤ちゃんでも安心ですし、泡切れもよく、目にしみにくいという特徴もあります。

 

特にシャンプーに重要な洗浄成分としては、

ラウロイルアスパラギン酸Naといったアミノ酸系の洗浄成分とコカミドDEAといった非イオン性の界面活性剤をメインに使っているので
刺激が少なく洗い上がりもマイルドになっていますね。

 

ちなみにコカミドDEAは泡立ちをよくして、洗浄力や刺激が少ない成分ですが、
発がん性があるとも噂される成分です。

が、発がん性に関しては科学的根拠は一切なく因果関係も不明なので
私は安全な洗浄成分だと思っています。

 

保湿成分としては

  • ヒアルロン酸Na
  • グリセリン
  • PCA-Na(ピロリドンカルボン酸ナトリウム)

といった優秀な保湿成分を使われているので
赤ちゃんの乾燥しがちな頭皮もしっかりと保護してくれています。

 

このようにベビーシャンプーとしてドルチボーレは優秀なので、
どのベビーシャンプーにしようか悩んでいる方は1度試してみてください。

ドルチボーレの公式サイトはコチラ

 

 

さいごに

今回は赤ちゃんのシャンプーはいつからいつまで使えるのか?ということや
オススメの流し方やオススメのベビーシャンプーについても紹介してきました。

 

お母さんにとっては特に苦労の多い赤ちゃんのシャンプーだけに
少しでも悩みを解消できていれば幸いです。

また、どのベビーシャンプーにしようか悩んでいる方は1度
ドルチボーレも試してみてください!

 

-お悩み別

© 2021 Shampooon Powered by AFFINGER5